二重整形で理想の目元をゲット【第一印象に影響を与える】

サイトメニュー

麻酔時の痛みとは

目元

医師の技量で痛みは変わる

二重整形自体は前もって行う麻酔の効果によって、施術中に痛みを感じるということはないものの、麻酔のときに痛みがあるのではという、不安を感じる人もいるでしょう。二重整形を行う際の麻酔は麻酔液を注射器で注入するという、局所麻酔を施すのが一般的で神経の伝達を一時的に遮断して、麻痺させるという効果があります。注射針を刺すときに一瞬、チクッとする痛みを感じることはあるかもしれませんが、二重整形では局所麻酔をする前に点眼麻酔を行うのが基本です。点眼麻酔は局所麻酔を行う際の傷みを軽減するために行う麻酔方法で、目薬のような点眼状の麻酔を施します。点眼麻酔をしてから局所麻酔へと移るので麻酔薬を注入するときには、ほぼ痛みを感じるということはないでしょう。また、麻酔液を注入するときの痛みは医師の技量によって大きく変わると言われており、荒っぽく注入する医師は痛みも強く出る傾向にあります。慎重にゆっくりと麻酔液を注入するなど、痛みが出にくいよう施術を行ってくれる医師であれば、二重整形の痛みは大きく軽減されるでしょう。麻酔が切れてしまった後は痛みを感じる恐れもあるものの、クリニックから処方される鎮痛剤を服用すれば、自分でコントロールできる程度です。二重整形を受ける日はサングラスや帽子、眼鏡といったアイテムを、クリニックに持参するのをおすすめします。二重整形にはメスを使わないプチ整形の埋没法と、メスで皮膚を切開しラインを作る切開法という施術法があります。どちらの二重整形も施術を受けたあとは目元の腫れが出てしまうので、それを隠すためにサングラス・帽子・眼鏡といったアイテムが必要になるのです。二重整形を受ける前に行う準備として、施術後のことも考えてサングラス・帽子・眼鏡などは揃えておくと良いでしょう。また、施術後に腫れてしまうことも考えて、二重整形を受けるスケジュールを事前に決めておくというのも、前もって行っておきたい準備です。埋没法で腫れが続く期間は3日から1週間、切開法の場合は約1週間から2週間続くと言われているので、この期間を考慮して施術を受けるタイミングを決めます。例えば、大型連休を活用して連休初日に施術を受け、あとの休みは自宅で安静に過ごすといったスケジュールもおすすめです。ただ、大型連休中に美容整形を受けたいという患者さんも多いので、この期間に施術を受けたい場合は早めにカウンセリングを受けておく必要があります。カウンセリングは完全予約制という美容外科クリニックが大半ですので、事前にカウンセリングを受ける日時を予約するようにしましょう。