二重整形で理想の目元をゲット【第一印象に影響を与える】

サイトメニュー

切開法と埋没法の特徴

医者と看護師

都合のよい方を選ぼう

一重のまぶたを二重にする美容整形には、切開する切開法と切開をしない埋没法の二つの種類があることはよく知られています。それぞれの整形手術で特徴がまったく異なるので、これからクリニックで一重を二重にすることを検討しているなら自分にあった方の美容整形を選ぶことが大切です。切開法はその名の通り、まぶたの表面をメスで数ミリ切開して二重まぶたを作る美容整形です。切開を伴う手術であることからリスクは高いですが、腫れぼったい一重をなくし、パッチリ・はっきりした二重まぶたを作れるのが特徴です。手術時間は両目あわせて約40分〜60分、手術をしたあと数日後には抜糸をする必要があります。埋没法は切らないプチ整形とも言われていて、メスで切開なしで一重をなくして二重を作る美容整形として多くの美容外科クリニックで普及しています。埋没法はまぶたを切開して縫い合わせる必要がなく、プチ整形なので手術時間は両目で20分程度です。仕上がり具合は生まれつきのようにナチュラルにもできるし、くっきりと華やかにもできます。ただ、あまりまぶたに脂肪が多いと埋没法ができない、またはやってもすぐに戻ってしまう可能性もあり、カウンセリングでよく話し合う必要があります。まぶたを切開する方法を選択する人の多くが、くっきりとした二重を半永久的に維持させたいという希望を持っています。特にまぶたが腫れぼったく脂肪が多い人の場合、カウンセリングのときに切開法を勧められることが多いようです。この切開法の場合ぱっちり二重になれますが、手術後は腫れや内出血などが出やすいため、抜糸をするまでサングラスが必須です。個人差はありますが、1か月程度で腫れが収まり、二重まぶたの形がはっきり分かるようになります。手術費用は麻酔代込みで両目20万円前後が相場です。基本的にダウンタイムが少なく、日常生活に与える影響が少ないので、メイク感覚で埋没法をしている人は沢山います。学校や仕事を休みたくないなら、埋没法をお試ししてみるという方法も選択肢の一つです。埋没法の手術費用は1万円から8万円と幅がありますが、これは糸をどのように入れるかによります。取れないように糸を複雑に縫い込む埋没法の場合は手術費用が高くなりますが、プチ整形でずっと二重まぶたを維持したいならおすすめです。切開法と比較すると、時間の経過とともに薄くなりがちなのが埋没法の欠点です。中には再手術を保証してくれるクリニックもあるので、よく検討してプランを選ぶことが大切です。